アロマ検定・勉強法

アロマテラピー検定の歴史!人物と覚え方、検定対策を徹底解説!中世編

 

アロマテラピー検定を通信や独学で学ばれている方、歴史は覚える事が沢山あるので、困っている受験生も多いのでは?

思うように勉強が進まない!覚え方が分からない!

そんなあなたへ、アロマテラピー検定の歴史人物とその覚え方、検定対策に必要な重要ポイントを解説していきます。

・アロマテラピー検定の歴史

・アロマテラピー検定対策&重要ポイント

・復習問題

アロマテラピー検定の歴史、このページの見方について

前回は、アロマテラピー検定の歴史「古代」編をお伝えしました。

絵美
絵美
今回は、アロマテラピー検定の歴史「中世」を解説していきます。

アロマテラピー検定で重要なポイントを確認し、最後に復習問題でおさらいしましょう!

アロマテラピーの歴史 覚え方

アロマテラピー検定の歴史「中世」編では、

●人物の名前
●著書名

は、覚えるべき重要ポイントです。

また、芳香植物はどんな事に利用をされていたのか?こちらもポイントになります。

覚え方は、頭文字を繋げたり自分なりに覚えやすく文を作ってみる事です。

選択問題なので一語一句すべてを覚える必要はありませんが、ある程度あたまに入ったら、

・歴史のエピソード

・どんな書物だったのか

など、さらに掘り下げて調べてみると記憶に残りやすくなり、覚えられますよ。

勉強中のひよ子
勉強中のひよ子
一緒に合格目指そうね!

アロマテラピー検定の歴史 中世編

アロマテラピー検定の歴史 アラビア・イスラム社会

医師・哲学者のイブン・シーナー

イスラム帝国時代に活躍した人物で、ローズウォーターなどを治療に利用。

著書:「医学典範(カノン)」

ヨーロッパの医科大学で、教科書として長く使われていた本。

 

オーデコロンと香水

8~12世紀⇒アルコールの発明、アラビア式蒸留法が確立。

その後オーデコロンが生まれ、香水へと発展しました。

 

アロマテラピー検定の歴史 中世ヨーロッパ

サレルノとモンペリエ

イタリアのサレルノ、フランスのモンペリエ

僧院医学の医学校で、のちに医科大学となります。

 

ヒルデガルド

ヒルデガルド=植物学の基礎を築いた修道女

ハーブの著書にラベンダーの効能を紹介した人物。

 

ハンガリアン・ウォーター

「ハンガリアン・ウォーター」=「若返りの水」

ハンガリー王妃がローズマリー水で若返った、というエピソードで有名なハンガリアンウォーターです。

ドライハーブのローズマリーをアルコールに漬け込んで3日以上寝かせて、完成。

材料を揃えれば、自分で手作りもできますよ。

 

ポマンダー

ポマンダー=ペストが流行った頃に、魔よけとして利用される。

「オレンジ・ポマンダー」

精油のプロフィールで学ぶ、オレンジ精油と関連づける。

 

盗賊のビネガー

盗賊のビネガー

ペストにかからなかった泥棒4人のエピソードで、ハーブビネガーを全身に塗って予防していた、という泥棒のレシピが話題になったと伝えられています。

ビネガー(酢)に色んなハーブを入れて体に塗っていたら、さぞ強烈な香りだったでしょうね・・

現代版は、手作りで作ってドレッシングに!

レシピは、白ワインビネガーにローズマリーやペパーミントのハーブを漬け込んで作ります。

 

アロマテラピー検定の歴史 日本

アロマテラピー検定の歴史 飛鳥時代

日本書紀

推古天皇3年(595年)

「日本書紀」香りについて、日本で最も古い文献です。

アロマテラピー検定の歴史 平安・室町時代

平安時代

日本では「お香」が利用されていました。

  

練習問題

※解答は、このページの一番下にあります。

問題1

ローズウォーターなどの芳香蒸留水を治療に利用し、書物「医学典範」の著者は?

問題2

ハンガリー王妃がローズマリー水を利用した「若返りの水」と呼ばれたものは?

問題3

香りについての記述で、日本で最も古い文献は?

アロマテラピー検定の歴史 まとめ

今回は、アロマテラピー検定の歴史「中世」の重要ポイントをお伝えしました。

もう一度おさらいします。

アロマテラピー検定の歴史、覚えるポイントは、

・歴史の人物と
・著書名

覚え方は、歴史のエピソードを掘り下げて人物名と一緒にイメージする事です。

手を動かして書く事と、視覚的に写真を見ながら覚えていくと、あたまに入りやすくなりますよ!

基本的に、公式テキストの太線をしっかり覚えておけば検定対策になるので、そこはしっかり押さえて勉強に励んで下さいね。

絵美
絵美
あなたのアロマテラピー検定合格を、応援してます!

次は、「近代~現代編」へ ≫

練習問題の解答

1イブン・シーナー

2ハンガリアン・ウォーター

3「日本書紀」

スポンサーリンク