アロマ検定・勉強法

【アロマテラピー検定】暗記のコツと覚え方!10個の方法

 

香りをなかなか覚えられない・・

精油のいい暗記法はないの?

という受験生のために、

・暗記のコツと覚え方10個

を伝授します!

10個の暗記法と覚え方

10個の暗記法と覚え方は、

①ひたすら書いて暗記する
②イラストを描いて覚える
③口頭で繰り返す
④勉強場所を変える
⑤写真を見る
⑥香りを嗅ぐ
⑦実際に使ってみる
⑧印象付ける
⑨音楽を聴きながら
⑩とにかく時間をかける

です!

では、一つずつ見て行きましょう。

①ひたすら書いて暗記する

暗記法と覚え方の1つ目は、ひたすら書いて暗記することです。

誰もが思い浮かべる覚え方ですが、とにかく書く、というのは有効。

移動中や外出中は、スマホのメモ帳を使ってもいいですね!

②イラストを描いて覚える

暗記法と覚え方の2つ目は、イラストを描いて覚える事です。

とくに、アロマテラピーのメカニズムで覚える脳の伝達経路や、精油の抽出方法は、イラストを描くと頭の中も整理されるので、おすすめ!

③口頭で繰り返す

暗記法と覚え方の3つ目は、口頭で繰り返すことです。

頭だけで暗記するよりも、言葉に出してアウトプットすることで、頭に入りやすくまなります。

インプット➜アウトプット➜インプット➜アウトプットの繰り返しで、落とし込み。

④勉強場所を変える

暗記法と覚え方の4つ目は、勉強場所を変える事です。

いつも同じ部屋、同じ場所で暗記していても、マンネリして頭に入っていきません。

時には、カフェや図書館など、場所を変えて勉強すると、記憶に残ります。

⑤写真を見る

暗記法と覚え方の5つ目は、写真を見ることです。

精油のプロフィールを覚える時に使える暗記法で、視覚的にイメージして覚えることが出来ます。

写真を見ながら、言葉に発して覚えていく方法。

⑥香りを嗅ぐ

暗記法と覚え方の6つ目は、香りを嗅ぐことです。

これは香りテスト以外にも使える暗記法。

実際に花の香りを嗅いで覚えたり、この香りを嗅いでいる時は、この問題やってたなー

など、香りと一緒に暗記する方法です。

⑦実際に使ってみる

暗記法と覚え方の7つ目は、実際に使ってみることです。

「アロマテラピーを実践する」で勉強する、手作りアロマの道具を使うことは、一番はやい暗記法です!

⑧印象付ける

暗記法と覚え方の8つ目は、印象付けることです。

例えば、

ローズマリーという植物は、料理などにも利用されて、集中力アップしたい時に使うといい!

ということを、印象付けします。

植物の特徴を覚えることで、暗記する方法。

⑨ながら暗記法・記憶

暗記法と覚え方の9つ目は、ながら暗記法です。

たとえば、こんな「ながら暗記法」

・音楽を聴きながら

・掃除をしながら

・ご飯を作りながら

・ストレッチしながら

机に向かうだけよりも、頭に入りやすいですよ!

⑩とにかく時間をかける

暗記法と覚え方の10つ目は、時間をかける事です。

単純ですが、なかなか覚えられないものは、時間をかけて覚えていく方法が一番。

時間をかければ覚えられるというものでもないですが、最低限、覚えられる時間は確保しましょう。

暗記法と覚え方 まとめ

10個の暗記法と覚え方は、

①ひたすら書いて暗記する
②イラストを描いて覚える
③口頭で繰り返す
④勉強場所を変える
⑤写真を見る
⑥香りを嗅ぐ
⑦実際に使ってみる
⑧印象付ける
⑨音楽を聴きながら
⑩とにかく時間をかける

でした。

どれも今すぐ始められる暗記法ばかりです!

まずは一つ、勉強する時に取り入れて、試してみて下さいね。

絵美
絵美
試験に向けて、頑張っていきましょう。

スポンサーリンク