アロマ活用法

チャクラとは?!スピリチュアルアロマでエネルギーの流れを整える!

 

チャクラとは、身体のエネルギーが通る道、7つのポイントの事を言います。

健康であればスムーズな通り道ですが、ストレスなどでバランスが悪くなると、チャクラは滞ってしまうのです。

滞りをスムーズにするために、スピリチュアルアロマでエネルギーの流れを整えましょう!

この記事では、

・第1チャクラ~第7チャクラの働き

・対応するアロマ(精油)

をご紹介していきます。

チャクラとは

チャクラとは、人の身体に流れるエネルギーの通り道で、7つのポイントのことを言います。

「チャクラ」は、インドのサンスクリット語で「車輪」を意味していて、エネルギーがくるくると渦巻いて流れているのです。

インドのヨガでは、チャクラは精神と肉体を繋ぐ重要なものとして捉えられています。

 

第7チャクラ

●第7チャクラ

●場所 頭頂部

●色 白

対応する精油(アロマ) 

フランキンセンス、ラベンダー、ネロリ

●働きかけ

精神、目標

クラウンチャクラとも言い、宇宙のエネルギーが最初に体へ入る入口です。

なので、このチャクラが滞ると、全てが詰まってしまいます。

 

第6チャクラ

●第6チャクラ

●場所 眉間

●色 紫

対応する精油(アロマ)

ローズマリー、ジュニパーベリー、ラベンダー

●働きかけ

直感、気づき

サードアイ、第3の目、第六感とも言われています。

スピリチュアル性が高いチャクラです。

 

第5チャクラ

●第5チャクラ

●場所 喉

●色 水色

対応する精油(アロマ)

サイプレス、ジュニパーベリー、ミルラ

●働きかけ

コミュニケーション、伝える

 

第4チャクラ

●第4チャクラ

●場所 胸の真ん中、ハート、心臓

●色 緑

対応する精油(アロマ)

ローズ、プチグレン、メリッサ

●働きかけ

調和、愛情

 

第3チャクラ

●第3チャクラ

●場所 太陽神経叢、みぞおち

●色 黄色

対応する精油(アロマ)

ベチバー、マンダリン、サンダルウッド

●働きかけ

感情、自信

 

第2チャクラ

●第2チャクラ

●場所 丹田、へその下

●色 橙色

対応する精油(アロマ)

オレンジ、パルマローザ、ジャスミン

●働きかけ

免疫力、新しく創り出す

 

第1チャクラ

●第1チャクラ

●場所 仙骨、尾骨

●色 赤

対応する精油(アロマ)

ベチバー、パチュリ、ジンジャー

●働きかけ 

生命、ベースチャクラ

 

第1~第7チャクラが詰まり、ブロックされると、それに関連する臓器などにも不調をきたしてエネルギーバランスが悪くなる、という考え方です。

「病は氣から」と言われるように、メンタルと身体は密接に関わり合い、調和を保とうとしているんですね。

 

チャクラとスピリチュアル、アロマの関係

スピリチュアルの語源は、「スピリット」、魂や精神を表す言葉です。

スピリチュアルは瞑想などで、エネルギーをやオーラを整えます。

けして怪しいものではありません。

一方、チャクラは、宇宙の大きなエネルギーを体に集めて、流れをスムーズにします。

どちらも、心と体のバランスを整えるために行うものです。

そして、アロマ(精油)のエネルギーパワーを活かしたスピリチュアルアロマが考えられました。

精油の身体への効能や、心へ働きかける力を借りて、チャクラに対応するエッセンスとして、取り入れられています。

こうして、チャクラとスピリチュアルアロマは関係づけられているのです。

 

まとめ

もう一度まとめると、

チャクラとは、人の身体に流れるエネルギーの通り道のこと。

チャクラの場所は、

①第7チャクラ 頭頂部

②第6チャクラ 眉間

③第5チャクラ 喉

④第4チャクラ 胸の真ん中

⑤第3チャクラ 太陽神経叢

⑥第2チャクラ 丹田

⑦第1チャクラ 仙骨

でした。

チャクラが滞ると不調をきたすので、

スピリチュアルアロマの力を借りて、滞りをスムーズにする。

 

あなたも、ぜひ!チャクラを整えて、心と体の疲れを解放させて下さいね。

スポンサーリンク