体験記・口コミ

アロマテラピーを勉強したい方必見!おすすめ本の口コミと感想

 

アロマテラピーの勉強に、おすすめな参考書はある?

アロマ検定勉強中も、アロマセラピストになってからも、これは参考になった!と思う1冊をご紹介します。

「アロマテラピーの教科書」

これからアロマを学びたい人、勉強したい人の参考になれば嬉しいです。

アロマテラピー検定 おすすめの参考書

 

私がおすすめするアロマ検定の参考書は

「アロマテラピーの教科書」 著者:和田文緒

です!

 
【実際の本】

アロマ検定の参考書におすすめする理由

私がこの本をおすすめする理由は、

アロマテラピーの基本がすべて学べるからです。

アロマテラピー検定でも勉強するアロマの基本、セルフケアやアロマ活用法まで、内容がたっぷり記載されています。

● アロマテラピーの歴史

● 精油の成分名

● アロマトリートメントの方法と手順

● からだの症状別に使えるアロマ活用法

など、初めての方でも分かりやすいように書かれています。

アロマ検定で勉強する内容も多く含まれているので、勉強時にはとても重宝しますよ。

感想

私がアロマセピストとして勤務していた時に役立ったのは、精油のブレンドを作る時に考える、トップ・ミドル・ベースノートです。

お客さんの体調や好みを聞いて、アロマオイルブレンドを作ることがあったのですが、全てを覚えきれず感覚で作っていたことがありました。

もっと勉強しなきゃ!

と、この本を職場に置いて必死に勉強したのを覚えています。

精油の相性も書かれているので、

気分が落ち込んだ時は、この精油を使うと良いんだなー

と、参考にしながらブレンドしていました。

足つぼの反射区やチャクラなど、ちょっとした知識も詳しく書かれていて、まさに「アロマの教科書」といえる1冊です!

そして

内容がぎゅ~っと詰まって、なんと!厚さ2cmもあります!

アロマをこれから勉強したい!という方はもちろん、

現役アロマセラピストにもおすすめしたい1冊!!

スポンサーリンク