プロフィール

 

当ブログ著者のプロフィールです。

「生き様」は大変長う御座います。興味のある方はご覧ください。

 

プロフィール

 

 

名前      ma-you(マユ)

生まれ  1978年4月

生誕地  静岡

生息地  静岡、愛知、滋賀、奈良、三重、東京、埼玉←

性格   まるでダメなオッサン型 ツッコミ、ガヤ担当 前世はきっと「押すなよ?」と言ったものの押されてフライング出撃した足軽

 

 

使用機材

エレキギター(Greco レスポール、SG)アコーステイックギター(Martin D-16,ヤイリの安いやつ)エレキベース(Historyジャズベース)DAW(Studio one 3)

 

好きなアーティスト

氷室京介/HIDE/THE YELLOW MONKEY/UNICORN/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT/BLANKEY JET CITY/AIR/JUN SKY WALKER(S)/

 

DAVID BOWIE/THE ROLLING STONES/LINKIN PARK/FOO FIGHTERS/NIRVANA/HOLE/SMASHING PUMPKINS/NO DOUBT/GARBAGE/JOAN JETT/AEROSMITH/COLDPLAY/OASIS/El Sueño de Morfeo

 

とにかく好きなんや

モータースポーツ(フェルナンドアロンソ、キミライコネン、ルイスハミルトン、佐藤琢磨、ミハエルシューマッハ、ミカハッキネン他)銀魂/よんでますよアザゼルさん/ガンダム(ファースト,F91,W)/ドラクエⅣ/FF(7,10,13)/パンダ/東海道山陽新幹線/抹茶/わらび餅/日本史(戦国、幕末)/スペイン語/くっきー(野性爆弾)/千鳥/

ジャスコ(イオン)

ジャスコを愛する民共よ〜イオンとは呼べなくて〜

  ma-you(マユ)【@ma_you_aro】 です。   当ブログではプロフィールがよく読まれてます。そうか、みんな私のことが気になるのか。そうかそうか。じゃあ今日は私の人生 ...

 

生き様

2560gと小さく生まれて間もなく死にかけるが、その後小学生に間違われるほど成長した幼稚園児としてガンダム、クリィーミィマミ、アラレちゃんにハマる。3歳でピアノを始める。幼稚園最後の年のクリスマスに親の転勤で引っ越し。幼稚園中退。しかし卒園アルバムはいただけた(将来の夢はアイスクリーム屋さん)

小2ぐらいからピアノで歌謡曲を耳コピして弾きだす。基本男子とばかり遊び、ドッジボール、ファミコン、ドラゴンボールに明け暮れる。野球が本当に大好きで甲子園出たかったしプロ野球選手になりたかった。

小4で引っ越すが、担任の先生にどうしても馴染めず勉強をおろそかにしだす。ある日隣の席の男子がJ(S)Wの「ランドセル」を熱唱し、ぶっ飛んだ歌詞に驚くもスカッとする。これがパンクロックの目覚め。

小6でまた引っ越すが、早々に親が離婚しそうになるわ学校馴染めないわで性格がひん曲がって内に閉じ込めるタイプに。しかしたまたま夜中に見たプリプリのライブが荒々しく衝撃を受ける。やっと女でも出来るもことを見つけて以後「ぼっち無敵無双」になる。

中1の入学祝いでギターを買ってもらい、オリジナル曲を作り出す。バンドも結成。音楽やることしか頭にない。

中2の夏に引っ越すが、この時の理由が全くもって受け入れられず、学校に馴染む気も持たず、完全シャットアウトで引きこもりの暗黒期突入。この間にオリジナル曲制作やコピーに明け暮れ「XのSilent Jealousy中学卒業までに弾けるようになる」目標達成。こんなことやってるので本人は「明るい引きこもりライフ」と思ってる。中3でしれっと学校行き始め完全に変人。無事戦いからの卒業。

高校入学するも、家を出るための資金調達したくて夏に退学。16歳で幼稚園時代の夢を叶える。フリーターで一人宅録で楽曲制作。

17歳の冬、友人に誘われて観に行ったTHE YELLOW MONKEYのライヴを観て爆音ゴリゴリロケンロールの衝撃を喰らう。バンドやりたかったことを思い出して、工場にジョブチェン。1年以内に資金貯め、ギブソンレスポールと8chのカセットMTRを購入し上京。

18歳都内でバンド活動開始憧れのシティ生活、バンド生活を送る。ギタリストとして25歳までアホみたいにバンド生活24時。でも実は一人でデモテープをレコード会社に送ってやりとりするも最終まで残らず。

25歳で活動に行き詰まる、機材も全部一気に壊れて制作も出来ない。完全に疲れ切ってあっさり音楽活動引退

26歳 ゲーマー、アニオタ2次元で生きる。日本史やスペイン語の勉強もしたり充実した日々を送る。全く頭の中でメロディーも言葉も浮かばなくなる。辞めると鳴らないもんだな。

31歳 父が死去。結局この出来事が私にとって大きすぎた。

32歳 父の死去からちょうど1年後、頭の中に完成された歌が流れる。それを当時は最低な事だと感じた。

36歳 ふらっとライヴハウスに10年ぶりぐらいに行く。そこで自分の好きだったロックのスイッチが入ってしまった。

 

39歳 ma-you始動

 

 

 

 

 

 

更新日:

Copyright© もう少しだけあがいて生きろ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.